任意整理とは


任意整理とは、多重債務者や多額の債務がある者で、返済を行なっていくのがかなり困難な状況にある者が、裁判所などの公的機関を利用しないで、債権者との話し合いにより、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決めて、負債を圧縮し、和解を求めていく手続きのことをいいます。ただし、この任意整理は裁判所などの公的機関を利用しないため、お金を貸している側である債権者は、この話し合いに応じなければならないという義務はありません。ですから、債権者としては話し合いに応じたくなければ拒否することが出来ます。そのため、お金を借りている側である債務者は、個人で債権者と掛け合って任意整理を行なおうと思っても、まったく話し合いに応じてくれないことが一般的です。ですから、任意整理を行いたいと思ったら、必ず弁護士や司法書士などの専門家に依頼しなければなりません。またもし債務者が単なる消費者金融会社ではなく、サラ金業者だったり、悪質な業者だったりすると、交渉が難しいだけでなく、逆に何かしらの不利益なことをこうむる可能性もあります。ですから、両親や親戚などの身内に頼んだり、友人に力を借りたりしたら、逆に迷惑をかけるだけになる恐れもあります。任意整理を行なって借金の整理をしようと考えるときには、必ず弁護士や司法書士に依頼することが必要です。
弁護士や司法書士に依頼すれば、基本的に債務者は何もすることがありません。債権者との交渉は、すべて弁護士や司法書士が行なってくれます。ですから、債務者は、すべての借金を正直に弁護士や司法書士に打ち明けることが重要です。なぜなら、弁護士や司法書士は、債務者の借金の月々の支払額を減額する代わりに、3年から5年の間に必ず完済する計画を立て、それを元に債権者と交渉をするからです。もし弁護士に正直にすべてを打ち明けず、結局任意整理後も支払いが滞るような状態になったら、もう何も手を打つことが出来なくなるからです。
このように、任意整理は決して債務がなくなるのではなく、3年から5年、通常は3年間で完済するよう計画を立て直すということなので、任意整理をしたら借金が無くなるということではありません。
任意整理によって債務が圧縮される理由は、弁護士や司法書士が債権者に依頼して、「この金額で手を打たないか?」などという話し合いを行なっているわけではありません。債務の利息に関して、妥当で正当な利息の計算をしなおすことで、今まで支払いすぎていた利息分が発生するようになります。それを元本から引いた残りが、正当な返済額として算出されます。その正当な返済額を、通常3年で返済する計画を立てるため、任意整理によって借金が減額されたように見えるわけです。
債務が圧縮されるということは、返済額が少なくなるわけで、これは債権者にしたら不利益に見えます。にもかかわらず、なぜ債権者が任意整理に応じるかといえば、任意整理によって元本は確実に回収できるからです。もし自己破産などをされてしまったら、それ以降、債権者のもとに返済されるお金は1円もなくなります。元本がまだ回収し終わっていなくても、債務者の返済能力がなくなってしまったということですから、手の打ちようがありません。ですから、自己破産されるよりも任意整理されるほうがまだましということで、債権者が任意整理の話し合いに応じるようになるわけです。しかし、債権者は債務者からの利息を利益として、金融会社を運営しています。任意整理をすると、元本の返済は保証されるものの、利息は基本的にカットされてしまうので、債権者にしてみたら、元本は回収できるものの利息は受け取れないということになります。つまり、利益がなくなるわけです。債権者は、このような状況が長く続いては会社の運営に不都合が生じてしまいます。ですから、任意整理は3年から長くても5年以内に完済できるようにし、それ以上、返済に長引くようなことはないようにしています。そうすることで、債権者が他の利益を上げられるような人にお金を貸せるよう、運営の回転を妨げない形にすることで、債権者の不利益が発生しないようにしています。債務者のメリットばかりで、債権者にデメリットばかりが生じてしまうと、任意整理が成り立たなくなるためです。

check

心斎橋 医療脱毛

カリモク60 Kチェア

外壁塗装について墨田区で探す

Last update:2018/4/25